人気ブログランキング |

ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga


ANATOMY

ここのところ仕事が忙しく、YOGAを取り巻く環境にあまり関心が向けれなかった。そこでこの夏は外出先でも少しYOGAを取り巻く環境に注目。

その最初が George Brown College の YOGA Class. 次は大手 Book Store に寄ってYOGAコーナーの散策。YOGA と Pilates が一緒に扱われている所もあり、少々違和感も覚える。 直ぐに目に留まったのはANATOMY の解説書。以前は How to 本が殆どだったが、今はただのポーズの解説書では無く、もっと医学的分析が加味された物が増えていた。 Leslie Kaminoff の "Yoga Anatomy" は第2版が出版されていた。プラーナとアパーナ、スカとドゥッカの解説導入からはじまり、一般人には難しい専門書ではあるが、医学イラストレーターの経験者が手掛けた図解がとても分かりやすく、ビジュアル的にも説得力があり、あまり眠たくならない。… そうか医学イラストレーターなんて云う仕事も世の中にはあるのね…と初めて知る。段々自然にレベルアップしている。
そういえば ビジュアル生理学 と云うサイトがあって、呼吸運動(http://bunseiri.michikusa.jp/kanki.htm)を検索すると、面白い。d0143008_15562890.jpg

参考書を手にすると、いつも感じるのが東洋と西洋文化の違い。常にアプローチの仕方、スタンダードが異なる点。どちらが選り優れているかではなく、とにかく異なる。上手くバランスを取りたいと常に思うのだか一筋縄では事が運ばない。伝統的YOGAだけでは現代の都市生活には対応しきれない。と云って欧米の筋肉を鍛えるようなストレッチ主流でも、心の安定は計れない。 丁度いい感じ… 永遠のテーマだ。
by hng-yoga | 2011-09-26 16:27 | yoga
<< 湿度と空間  ハンモック・ヨーガ? トロントの George Br... >>