ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga
カテゴリ
全体
yoga
schedule
information
未分類
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


中庸姿勢法・東京オープンセミナーのご案内

中庸姿勢法とは、自然のリズムにさからわず、無理なく痛み無く、ひとりで簡単にできる自然派に向けた、くつろぎ反応を応用した効果の高い姿整体操です。

「指組み」「腕組み」「脚組み」「横すわり」などなど、日常なにげなく行っている無意識の動作が、知らぬ間に、いつも同じ側になっていることにお気づきでしょうか。

これまで、このような無意識なしぐさや動きのクセは、姿勢をゆがめる原因のひとつとされ、あえて行うのであれば、 左右同じように振舞うことが正しいかのように考えられてきました。

しかし中庸姿勢法とは、無意識のしぐさや動きグセこそが、わたし達の姿勢の歪みを自動的に整え、健康を育み守ってくれている自然の働きであったことに着目した画期的な発想の姿勢法です。
 
この無意識の動きのクセを“くつろぎ反応”と名づけ、簡単で無理のない姿整体操(姿勢を自動的に整える体操)として体系化されています。この知識をベースにヨーガに取り組むと、相乗効果がもたらされます。

元々"中庸"とは『論語』のなかで「中庸の徳たるや、それ至れるかな」と孔子に賛嘆されたのがその文献初出と言われています。それから儒学の伝統的な中心概念として尊重されてきたのですが、「過不足なく偏りのない」徳は修得者が少ない高度な概念。つまり、健康とは「過不足なく偏りのない」状態なのです。

今回は中庸姿勢協会代表の片山賢さんが直接指導して下さいます。
http://www.chuyo-shisei.com/

日時 : 2008.10.26.SUN. 10:00AM - 17:30PM
● 第一部 中庸姿勢法・東京オープンセミナー
● 第二部 中庸姿勢法・勉強会
● 第三部 懇談会

場所 : 東京都中央区立月島 スポーツプラザ 2階[武道場]

お問い合わせ先 : 高阪 まゆみ
Mail : virgo2002@jcom.home.ne.jp

日頃から自分の姿勢バランスが気になっていらした方、
もっと自分の体の事を知りたいと思われていた方、
そんな方にはとても分かり易いセミナーです。
定員が30名ですのでお早めにお申し込み下さい!
[PR]
by hng-yoga | 2008-09-19 15:50 | information
<< 10月のスケジュール スリランカ フェスティバル ... >>