ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga


カテゴリ:未分類( 20 )

ヨーガとアユールヴェーダ

ロナウラ・ヨーガ研究所のカンファレンスの後は、毎年セルフ・トリートメントを行なってきています。今年もKaivalyadhmaに1週間滞在して、アユールヴェーダのパンチャカルマを受けてきました。

以前に一度経験していたのですが、更にシステムが進化していて、施術も丁寧になっていました。アユールヴェーダはエステと勘違いされている日本人女性も多いのですが、伝承医学です。問診脈診で症状を把握し、トリドーシャのバランスを診て処方します。ここの施設の特徴はヨーガとアユールヴェーダが相乗効果でプログラムされている所です。一週間かけて体の中に貯まった悪い油を徐々に動かして流し出すのですが、最初の2〜3日は施術の後段々体が怠くなります。(もちろん個人差はありますが... ) しかし、横になって寝てはいけないのです。何もしないで寝ないで過ごすのはなかなか難しいです。もちろんPCもメールのチェックもNGです。私の場合は胆汁の流れに少し問題があるようでした。1週間終わった後の爽快感は格別です。

アユールヴェーダの施術を受けなくても、こちらの環境で規則正しく暮らし、ヨーガの練習を実践し、パソコン・ニコチン・カフェイン断ちし、ベジタリアンで1ヶ月も過ごしたら、見違える程健康が取り戻せます。結局最後はシンプルが良いように感じます。それと特効薬はありませんね。やっぱり日々の積み重ねが大事です。
d0143008_23445776.jpg
d0143008_2347490.jpg
d0143008_2349866.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2014-02-12 00:30

一年振りに投稿

昨年は一年間ブログをお休みしてみました。
2010年twitter、2011年 facebook、2012年 LINE …
毎年新しいソーシャルメディアが台頭して、ちょっとお腹一杯に… しばし傍観でした。

ソーシャルメディアを上手に使いこなしている方が今は仕事が出来るように感じるのですが、その場で即座に対応できない人がダメと云う事でもないように思います。一度起こった事を自分の中で消化してからでないとout-put出来ない慎重派は随分損をしているようにも感じる昨今、それでも徐々に社会の波に自分を添わせる事も大事なのではないのかと思い、今年はゆっくりと更新して行く事にします。

さて1月17日は ロナウラ・ヨーガ研究所主宰のカンファレンスに招待され、渡印してきました。今年は普段全く馴染みの無い、Natha Literature です。この時代に驚きです。耳に大きな穴をあけ、大きなリングをつけ、エレメントがいくつで構成されているか…形而上学の世界観。ナータ派は文学の科学と云う言葉が印象的でした。
d0143008_16312720.jpg
d0143008_16403415.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2014-02-03 16:55

今年のインド研修

ここのところ毎年1月にインドを訪れています。1月17日に開催されるロナウラ・ヨーガ研究所のカンファレンスに出席する為です。又同時に Kaivalyadhama Yoga Institute に滞在し、自己研修にも努めています。この時期のロナウラの朝晩は冷え込みますが、日中は程よい暑さにも関わらず蚊も出ないので日本人にはとても快適です。

インターネットが繋がってからの世界の変化の加速化はどこも一緒で、インドも驚きを持って観ています。高速道路が良くなりました。停電が減りました。Kaivalyadhama Yoga Institute 内にデラックス・ルームの施設が出来ました...などなど。来年にはロナウラの街にマクドナルドとケンタッキーが出来ます。建設中でした。
d0143008_1654349.jpg

写真は今回のカンファレンスのプログラムと参加証明書です。インターナショナル・カンファレンスの参加証明書ととはどんなものなのか、インド社会では証明書が何かと重要のようです。
今回のテーマは Yoga: Tradition, Modernity, Technology カンファレンスの詳細は以下のサイトをご覧下さい。http://lonavalayoga.org/db/the-8th-international-conference-17th-jan-2013

d0143008_163437100.jpg

今年の書籍の英語版は GUIDELINES FOR YOGIC PRACTICES のThird Edition と、 Encyclopaedia の Second Editionが改訂出版されました。
[PR]
by hng-yoga | 2013-02-18 16:57

2013年 新年おめでとうございます

平成になって今年で四半世紀が経ちます。昭和の記憶の方が多かったはずが、いつの間にか平成の思い出が増えていました。今年はどんな思い出が加わるのか楽しみです。

年末に興味深いメールが届きました。私の友人であり、師である相方ひろし先生のタイで行なわれたリトリートに参加された、高野山からバンコクのタイ寺院に赴任中の和尚によるヨーガについてのエッセイです。

☆☆☆☆☆

相方ひろし先生ひでこ先生

H.K.です。この前のワンサニットを経験して、ヨーガについてのエッセイを書いてみました。読み捨ててください。

ワンサニットでの楽しい日々も終り、そろそろ1ヶ月が経とうとしている。このごろ相方先生のカイヴァリヤダーマ・ヨーガは果たして、現代のストレス社会を生きる人々に、その声は届くか否か、ということをフト考えたりしている。

相方先生のヨーガに対する視座は、ヨーガを「身体的な次元」と共に「歴史的な次元」で考えていこうとする。この「歴史的な次元」からヨーガを捉えようとする視座こそが、ヨーガに何らかの期待を持つ日本の人々が最も「苦手」とするところではなかろうか。

現代人がヨーガに期待するところは、ヨーガを一回か数回やっただけで、何か「スッキリ」した感覚を得られることができる、その即効性である。仕事でためたストレスを洗い落とせるような気がする、というような、「いま、ここに抱えている問題」を一瞬でも解決してくれるヨーガである。またその段階を越えて、さらにヨーガの道を進めていくと、ポーズの「美しさ」を目指すと思う。「いま私たちの目の前にあらわれる身体の美しさ、人間はここまで身体を柔軟に、力強く華麗にみせることができる」。現代のストレスフルでタフな日本社会を、己の身体の表現一つでもって違う次元に飛び越えることができる。当座の身体の美しいを目指すオシャレなヨーガは、おそらくこれからも、若い日本の男女を引きつけてやまないであろう。

ただこの「美しいヨーガ」を目指すことは一見正しそうに見えて、危険が伴う。それはその「美しさ」を求める原動力となるのが「気合い」とか「努力」とかの一言で、片づけられてしまう恐れがある。どれだけの複雑なポーズをとれるか、否かが重要であり、その原動力となるのは、身体的にいかに「努力」をしているか、否かでなる。しかしその「気合い」や「努力」に対する理論的根拠は、薄弱である。

すべての物事を素朴な精神論で一括りにして捉えようとする人間は、概して歴史的スパンで物事を捉えようとすることを苦手とする。相方先生が「美しいヨーガ」に批判的なのはそのようなことなのではないだろうか。

美しいヨーガを重視する人たちも、時に立ち止まり、ヨーガの精神的背景に思いをめぐらす必要がある、と述べる。だが多くのヨーガ・インストラクターはそのような申し立てにこう答えるだろう。「理窟をこねている暇があったら、身体を動かせ。私たちのヨーガは実際に効果が出ているとみんな言うのだから、間違えがない」

資本主義のなれの果てまで行き着いた現代人は、目の前にあらわれる効果を求める。逆に長期的かつ歴史的なスパンで考えることを極端に嫌がる。現代のヨーガの在り方に対して、真っ向から反対意見を述べるのが、相方先生である。ただ、大多数を占めるであろう「美しいヨーガ」を求める人々に対して、その声は届くか。もしかしたら、届かないかもしれない。

でも、ヨーガの本筋はどちらなのか、と少し考えれば、おのずと答えは出ているように思われる。   H.K.

* HH バンコクの仕事/インドの研究 より


新しい年の初めに、「時間」の捉え方・考え方について想いを巡らせてみました。今年はもっと意識的に長期スパンで物事を考えるように心掛けようと思います。
どうぞ健やかで穏やかな1年をお過ごし下さい。
[PR]
by hng-yoga | 2013-01-03 13:53

7th International Conference on Yoga

以前は4年ごとに開催されていましたが、最近は1年短縮され3年ごとになった
Kaivalyadhama Yoga Institute の international conference。
明日から4日間のプログラムです。
d0143008_2354633.png

第7回目にあたる今回のテーマは "Yoga & Youth".
Classical & Contemporary perspectives. 若者に焦点を充てたところはとても興味深く、よく時代を捉えていると思います。是非渡印したかったのですが、日程調整がつかず今回は断念。

Conferenceのプログラムは以下のURLからダウンロードできます。
http://kdham.com/conference/

d0143008_2361929.png


来月は Lonavla Yoga Institute の conference が開催されます。そちらには参加する予定です。
[PR]
by hng-yoga | 2012-12-26 23:26

女子美術大学短期大学部での講義と実技

先週に続いて、今週は女子美術大学の杉並キャンパスに伺って来ました。こちらは女子美術大学短期大学部がメインで、大学の方は相模大野のキャンパスがメインだそうです。女子校の雰囲気は懐かしく、何となく和みました。
d0143008_18564161.jpg

最初にヨーガの概論についての講義を約30分行ない、その後実技に移り最後はPRANAYAMAの導入の実技で終わったのですが、レッスン後の心身の静寂感がこちらでも好評でした。
最近の傾向として、強い刺激を求め直ぐに飽きてしまう行為の反復が目につきますが、緊張を緩める事に重点を置くように努めました。力を抜く、そのシンプルなはずの行為は以外に難しく、自分の体への洞察が深まります。
d0143008_1912525.jpg

講義の後の雑談で、最近は学生相談室に寄せられる事例として、引きこもりや新型うつが以前よりも増えてきているとの事。よく体が固いと云われる方がいますが、心が固い方が増えている傾向にあると感じています。
[PR]
by hng-yoga | 2012-12-16 00:21

2012 .11.25. <YOGA 勉強会> のお知らせ

暫く間が空いてしまいましたが <YOGA勉強会>再開のお知らせです。
毎年 Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed卒業生 に、
その体験を基にレクチャーをお願いしています。
今年は3名の方が卒業されました。そのうち男性はお一人。
その貴重な男性の立場からのレクチャーを通して、今回は勉強したいと思います。


● 11/25 (日) 13:30 - 16:00 
<Kaivalyadhama D.Y.E.dコースおよび研修期間の体験報告>

 講師:林田遼平氏
1982年生まれ。 東京都出身。 高校卒業後、都内で音楽制作、ライブ活動を行う。
2009年 Charles Darwin University / Graduate Certificate in Yolngu Studies 修了
(オーストラリア、ノーザンテリトリー準州)
2010年 同大学にて北東アーネムランドに住むYolngu(ヨルング)と呼ばれる先住民族の言語や文化を学ぶ。
2011年Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed入学。
2012年Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed卒業。卒後に同研究所にて二ヶ月間の研修を受ける。
帰国後は穂高養生園(長野県)にて、ボランティア・スタッフとしてキッチン業務やヨーガの指導に従事。
現在は地方に移住するための準備期間中。


その自然体で優しい人柄は、英語でのコミュニケーションも同様で、
留学時にも相手の和やかな表情を引き出していました。
新しい生き方を模索している若手のレクチャーは、新たな発見をもたらすと思います。
どうぞ、皆さんのご参加をお待ちしています。


● 会場:HONGO YOGA INSTITUTE
 東京都目黒区祐天寺2-6-14  東横線祐天寺駅下車徒歩3分 
 祐天寺商店街中程のソフトバンクのあるビルの2階

● 会費:ドネーション

● 問い合せ・申し込み先 
 ロナウラ・ヨーガ研究所 東京事務所 (HONGO YOGA INSTITUTE 内)
 氏名・住所・電話・ヨーガ歴を明記の上、メールにてお申し込み下さい 
 → mail : hng@hng-yoga.com
 参加には事前登録が必要です。お早めにお問い合わせ・お申し込み下さい。



「ヨーガ」のリソースの厚みを増やして行く方向性として、
次のチャートが私たちの活動のガイドラインを構成しています。
                   
「ヨーガ」の本質的・伝統的部分を構成している領域 
●「パタンジャリ(B.C.3-)」による理論的枠組み
●「ゴーラクシャナータ(A.D.10-)」による技法面の枠組み
●「クヴァラヤーナンダ(1883-1966)」による近代化の枠組み及び、
その後の学術的研究資料
  
「ヨーガ」の理解を深めてくれる関連サイエンスの領域   
● 人体の構造と機能(解剖生理学の基礎知識)
● 脳科学の知見
● 心理学の常識
● スポーツ・健康科学の成果
● 各種のボディーワークへの認識
    
「ヨーガ」のインド哲学・インド文化的背景を構成している領域 
● インド哲学一般
● インドの宗教思想(ヒンドゥー教・ジャイナ教・仏教)
● 比較思想・比較文化

常識的・客観的な枠組みで「ヨーガ」への自信が深まれば、
一時的な流行やブームに左右されることなく、
持続的で生産的な「ヨーガ」の活動が定着して行くことが期待されます。

この方向性で、「ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所」の活動は進められています。
[PR]
by hng-yoga | 2012-10-22 14:28

迎春 2012

あけましておめでとうございます。
昨年は大きな災害に見舞われ、公私ともに様々な事を経験し、今迄の価値観が根底から揺らいだ年でした。未だ消化しきれていませんが、今年はより良く生きるとはどういう事か、よく考えながら過ごして行きたいと思います。

d0143008_22162699.jpg
毎年元旦は地元の氏神様とお寺に家族で初詣。丁度初詣の列に並んでいた時に地震が… facebookには龍が空を舞っていた写真が…  そしてお賽銭箱に近づいて来た時に上を見上げたら龍を発見。永年お参りしていたのに…気づく時は気づくものだなと。今年はどんな気付きがあるか…


新年を迎えると直ぐにLonavla Yoga Institute のカンファレンスが開催されます。今年のテーマは「ヨーガとウパニシャド」です。当日、今年度のロナウラ・ヨーガ研究所の研究成果である『ヨーガ・ウパニシャド・パート2(Yoga Upanishad Part 2)』の批判校訂版の出版発表があります。昨年同様今年もインドのYOGA界の重鎮によるスピーチが多数行われる予定です。

この1年が皆様にとって健やかで幸多い日々となられますよう、お祈り申し上げます。
[PR]
by hng-yoga | 2012-01-01 23:14

2011 YOGA Conference に向けて  vol.2

初めて羽田国際空港からバンコク経由でムンバイに向かったのですが、これがとても便利。深夜0:30羽田発の便でしたので、ほぼ1日フルに仕事が出来、寝ながらバンコクへ。 バンコク空港では一番にタイマッサージの1時間コースにお世話になり、すっかりリフレッシュして、いざムンバイへ。

ムンバイ空港も3年前とはすっかり姿を変え、ビックリするほどきれいになっていました。第2駐車場は現在も建設中でしたが、取り立てて問題も無く機能していました。

最初に向かったのは Lonavlaの Kaivalyadhama Yoga Institute(以下Kdham). こちらは一見昔と変わらず穏やかできれいなキャンパスが広がっていましたが、施設の改装は更に進み、衛生的にもとても快適に改善されていました。 インドのアッパーミドルクラスに対応するには、施設の改装は不可欠だそうです。

さて、Kdhamの最近のシステムは、1週間ごとのHealthcareプログラムが組まれています。 到着後直ぐに問診とヘルス・チェック。 その後 Yogic Therapy,Ayurveda, Naturopathy等、タイムテーブルに合わせて選択し、オリジナルの予定を作ります。

翌朝先ずクティにいらっしゃるスワミジに挨拶に伺うと、丁度始まったばかりのKriya Yoga Campに参加するように勧められました。 毎年12〜1月の間の1週間にDiploma Course の生徒を対象にこのCampを行うそうです。 今年は私が渡印するスケジュールに合わせてくださったと、後からスワミジから伺いました。

この時期は植物が放つ色彩がとても美しく、格別でした。  つづく
d0143008_013993.jpg
d0143008_02178.jpg
d0143008_022030.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-25 00:12

2011 YOGA Conference に向けて  vol.1

3年ぶりのインド。いつものように急に決断したので、手続きは綱渡り。
確か前回は即日Visaが給付されたと安心していたら、
この3年の間にテロ事件などがあった為、
Visaの申請方法がすっかり変わっていました。

まずインド大使館ではビザの申請は行わない。
その代わりに、丸ノ内線茗荷谷にある
India Visa Application Center に午前中に申請し(午後だと翌日の扱いとなる)、
交付は翌日以降の17:30~18:00の間。

この30分という限られた時間内でしか交付されないところが、なんともインド的。
夕方の忙しい時間帯、うっかり時間を過ぎないように、緊張気味で駆けつけたのでした。

飛行機は羽田発の夜便にしたので、ぎりぎりでOK.
国際空港のわりに小さいとの声がありますが、
このくらいの方が無駄に歩かなくて済むので私的には充分。

最近はエコノミー・クラスが満席でビジネス・クラスに空席があると
アップグレードのできないチケットでも、
数万円でビジネス・クラスに変更してくれるそうです。
バンコク経由便だったので、そんなお誘いも受けました。

10年前は頻繁に利用している人には
フリー・チャージでアップ・グレードしてくれましたが、時代ですね〜。       つづく
d0143008_2144334.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-14 02:22