ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga


<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年1月のスケジュール

速いもので、今年も残す所僅かとなりました。
毎年この時期になると今年の出来事特集の番組があります。
最近はトボケているつもりは無いのですが、
今年の出来事だったか昨年の出来事だったか記憶が曖昧で、
番組を見ながら改めて確認する事があります。
情報があり過ぎて、めまぐるしく時が経過しているせいでしょうか。

来年も出来るだけ世俗の騒がしさにまみれる事無く、
内なる自分を見つめて過ごしていきたいものです。

1月のレッスンは月末からとなります。
1月24日土曜日からの予定です。

2月にはPRANAYAMAの集中レッスンを企画しています。
土・日の午前中、3週連続(全6回)
こちらの詳細は年明けに追ってこのブログでご案内致します。


来る年がみなさまにとって、
より充実した年となりますよう、お祈りしております。

Namaste.
[PR]
by hng-yoga | 2008-12-30 00:19 | schedule

M.L.ガロテ博士記念セミナー2009

今年も残すところ、僅かとなりました。
たった一年の間に随分色々な事が起こり、社会の空気が随分変わった年でした。
又、来年も様々な出来事に遭遇し、想定外の方向に動くかもしれません。

さて、新年の始まりには「M.L.ガロテ博士記念セミナー」がロナウラで開催されます。
博士の命日である1月17日に毎年行なわれています。  

テーマは「日常生活におけるヨーガの応用」です。
近年、インドでも急速にヨーガへの興味と必要性は高まっており、
ヨーガと日常生活をリンクさせる話題には、みんな関心を持っています。
主賓はプネー大学の現学長であるナレーンドラ・ジャーダヴ博士です。
後援はインド中央政府厚生省AYUSH局(CCRYN)とプネー大学で、
『CCRYN(ヨーガと自然療法・中央研究審議会)』のディレクターの
チダーナンダ・ムルティ氏も出席予定です。

また、インド中央政府厚生省AYUSH局(CCRYN)からの助成金で
『ロナウラ・ヨーガ研究所』で研究・校訂作業が実施された
『ヨーガ・ウパニシャッド』(3部シリーズの第1部)の出版発表があります。
昨年2回と同じく、ロナウラの『Whispering Woods』という
中規模のリゾート・ホテルが会場です。

『ロナウラ・ヨーガ研究所』は、『カイヴァリヤダーマ研究所』を1991年に
定年退職したガロテ先生によって設立された研究所です。
2005年1月17日にガロテ先生が急逝された後も、
子息のマンマット・ガロテ博士(体育教育Ph.D.)によってさらなる発展に
向かって鋭意活動中です。
        
主催: ロナウラ・ヨーガ研究所(インド)
日時: 2009年1月17日(土)
時間: 午前10時ー午後5時30分
会場: Whispering Woods、ロナウラ 
後援: インド中央政府厚生省AYUSH局(CCRYN)、プネー大学
テーマ:日常生活におけるヨーガの応用
     
この『ロナウラ・ヨーガ研究所』の研究活動への直接・間接的なご支援を
お願いしております。ご興味のある方は下記迄メールにてお問い合わせ下さい。
→  hhaikata@gmail.com
→  hng@hng-yoga.com


注:写真は新ディレクターのマンマット・ガロテ博士(体育教育Ph.D.)
     
d0143008_11244647.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2008-12-26 11:28

インド同時テロと Pricesse Tam Tam

昔出張でよくフランスに行っていた頃、日本では目にした事の無いとても可愛らしいプリントのナイトウエアを見つけた。それがプリンセスタム・タムだった。お洒落なフランス人は下着にこだわり、素敵で夢のある物を身につけているんだそうだ。いつでも夢のある奇麗なものをみるのは楽しい。それからすっかり虜になり、フランスに行くとプリンセスタム・タムの売場をウロウロしたものだった。

その創始者のルミア・ヒジリーさん(46)ご夫婦が、こともあろうに先日のインド同時テロの犠牲となっていた。ルミアさんはインド系のマダガスカル出身。ムンバイのホテルのレストランで襲われ亡くなられた。

1985 年妹さんと一緒に独創的なカラフルなプリントで一気に注目を集める存在となり、1987年にはモンパルナスに1号店をオープン。当時の下着の常識を覆し若い女性の間にファンを獲得していった。ランジェリーと同じ素材でホームウエアを作り出し、アンダーウエアを水着にも対応させ、"女性が自分らしくあるための下着"として今では幅広い世代に支持されている。

1998年には優れたビジネスウーマンに贈られる国際ヴーヴ・クリコ賞を、2006年にはランジェリー・クリエイター賞を受賞している。又、2006年にはユニクロでお馴染みのファーストリテイリングの傘下となつていた。

インドを訪れる度、絶望的な貧困層を目の当たりにすると心が痛む。それとは対照的な富裕層の生活。どうしていいか分からないが、もの凄いバランスの悪さを感じていた。
きっとこの経済不安も、これから未だ未だ起こるであろう一連のカオスも、社会を丁度良いバランスに進化させる過程なのではないかとも思う。いずれにしてもバイオレンスだけは、選択肢から外してもらいたい。


プリンセスタム・タムについて
→ http://fr.wikipedia.org/wiki/Princesse_Tam-Tam
→ http://www.princessetam-tam.com/
ルミア・ヒジリーさんご夫妻のご冥福を祈ります。
[PR]
by hng-yoga | 2008-12-09 15:59

12月のスケジュール

いよいよ今年も師走に突入してしまいました。
何だか急に気忙しくなってきたように感じます。

それにしてもインドの同時爆破テロにはショックでした。
あのムンバイのタジマハールホテルは私のお気に入りのホテルで、
毎回ムンバイを訪れる度に立ち寄っていた所です。

一昔前は”アジアの三大ホテルといえば、
タイのオリエンタルホテル、
シンガポールのラッフルズホテル、
そしてインドのタジマハールホテルといわれたものです。

中でもでもこのタジマハールホテルで受けたサービスの良さは私の中でポイントが高く、
さすが世界の一流ホテルと感心したものでした。

このホテルはパリのエッフェル塔を観たインドの大富豪が、
わざわざフランスから鉄骨を取り寄せて建てさせた文化遺産でもあります。
旧館の最上階が炎上しているのをTVで観て、心が痛みました。

インドを戦わずして独立に導いたマハトマ・ガンジー曰く、
「目には目を、は全員の人を盲目にする」と。
何か「行為Action」が起こると直ぐに「反応Reaction」に走り勝ちですが、
9.11にとった行動とは違ったメッセージが
この国から発せられる事を願っています。。。
とインド在住の領事館職員の友人からメールが届きましたが、
私もそうあって欲しいと願います。

さて、12月のスケジュールは少し変則になります。
平日  12/3(Wed), 12/10(Wed), 12/16(Tue), 12/23(Tue) 19:30 - 2100PM
週末  12/7(Sat), 12/14(Sat), 12/21(Sat)        10:15 - 11:45AM

年内は12月23日のレッスンが最後となります。
早朝レッスン及びビギナー・レッスンはお休みです。
プラーナーヤーマ、プライベート・レッスンは直接お問い合わせ下さい。
[PR]
by hng-yoga | 2008-12-03 14:58 | schedule