ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga


<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年3月のスケジュール

今年は梅の花がいつもより早いようで、昨日あわてて梅を見に小田原に行ってきました。
紅梅白梅も賑々しく咲いていて、それを観る人の心を優しくしる効果がありました。
これから暫くは次々とお花見シーズンです。
是非時間を作って、自然の変化に心を向ける一時をお持ち下さい。
とても気持ちよいですから。。。

3月のスケジュールは少し平日が変則になります。
第一第三週が水曜日の夜、第二第四週が火曜日の夜7時15分からとなります。

そして今月もPRANAYAMA のレッスンがあります。
土・日曜日の早朝(全6回)、呼吸法にフォーキャストしたレッスンです。
ある程度YOGAの経験がある方、
20~30分間、無理なく同じ姿勢を保持出来る方が対象です。

プライベート・レッスンは主に木曜日にお受けしています。
詳細は直接お尋ね下さい。

季節の変わり目、特に春は自律神経が乱れ易いので無理は禁物です。
ご自分の状態を良く観察して、バランスよくお過ごし下さい。
[PR]
by hng-yoga | 2009-02-23 14:13 | schedule

PRANAYAMA と Kapalabhati

最近呼吸法について興味を示す方が増えてきた。
でもその本質がなかなか伝わらず、もどかし事がある。
どうやら人が知らない呼吸法を知りたいようだからだ。

プラーナーヤーマは自律神経系の神経インパルスが流れる回路の一つである
呼吸器系神経インパルスをコントロールする技法のことで、
プーラカ(Puraka),クンバカ(Kumbhaka),レーチャカ(Rechaka)で構成される。

このクンバカがポイントで、無理無く呼吸を止めて息を保持する事にその本質はある。
そこに到達するには先ず、プーラカとレーチャカを1:2の比率で、
安定したリズムで出来るだけゆっくりと無理なくこなせるようになる
初歩の段階の練習が重要だ。

ここの段階が安定してしっかりとこなせるようになるには3年位は掛かるのだか、
何でも直ぐのが今時は好まれるようで、そんなに気が長くとはいかない。

又、KapalabhatiをPRANAYAMAと誤解している方が多いようだが、
これはKRIYA(浄化法)の一つで呼吸器系の浄化法に分類される。
正確にはPRANAYAMAでは無くKRIYAの技法になる。

とにかく毎日少しずつが基本なので、どうすれば身に付くのか、
PRANAYAMA レッスンでは少しでも日常生活に取り入れて
それなりに継続する事を目的に行なっている。

人生単純な事をいかに毎日正しく同じように行なうか、
結局はそれが出来るか出来ないか、それが才能なのかもしれない。
[PR]
by hng-yoga | 2009-02-19 14:37 | yoga

ヒンドゥー教からみた仏教

今日は教養講座のご案内です。

通常ヨーガ→印度→宗教と連想される方は多いと思います。
しかし印度の宗教と言っても色々ありますし、
ましてヒンドゥー教となると実のところ何もよく知らないのが普通だと思います。

今回は印度の伝統宗教であるヒンドゥー教と我々が慣れ親しんでいる仏教をテーマに、
その関係性等について、ヒンドゥー教研究家の及川弘美先生が講義されます。

及川先生は(財)東方研究会主事・研究員、東方学院講師、
跡見女子短期大学講師などを経て、今日に至っておられます。

主催はパドマ・ヨーガ・アシュラムの平野先生で、
スワミ・クヴァラヤーナンダ+S.L.ヴィネーカル著 [ヨーガ・セラピー] を
日本語に訳され春秋社刊から出版された方です。(旧姓 山田久仁子)
kaivalyadhama ディプロマ・コースの卒業生です。

日程:2009.2.22.(Sun) 14:00 - 16:00PM
会場:パドマ・ヨーガ・アシュラム
   東京都豊島区南大塚2-18-17 JR大塚駅より徒歩8分
会費:2000円

お問い合わせは直接パドマ・ヨーガ・アシュラムまで
TEL &FAX : 03-6416-0031
[PR]
by hng-yoga | 2009-02-12 14:59 | information

漫画の神様

20年前の今日、2月9日、昭和の漫画の神様手塚治虫が亡くなった。
鉄腕アトム、ジャングル大帝レオ、リボンの騎士等々名作ばかり。
私はそのTV漫画で育った最初の世代だと思う。
オンタイムで見て感じれた、ラッキーな世代だ。

今でもあの頃のぬくもりやほのかな暖かさなど、
思い出すと温度感が伝わってきて懐かしい。

時々何気に読み直してみると、
意外なストーリー展開や緻密な描写などに驚かされる。
大人になってからようやく解る事が多々あるからだ。

手塚作品の中に< ブッダ >があるが、これはお薦めの一つ!
人間臭いブッダが描かれている。
そしてヨーガの yama niyama にオーバーラップする内容が見え隠れする。

お硬い宗教書や哲学書はどうも苦手という方も、パラパラと気楽に読めて楽しい。
何でも脳科学的に絵と文字が一緒の漫画は脳の活性化に効果大だそうだ。

最近は映画にもなる [MW(ムウ) ]が話題だが、
こちらは未だ読む勇気がなくて未読だ。
人間の心をリアルに描いた長編で他の手塚作品とは異なり、かなり衝撃的らしい。

この大寒の夜長にちょっと気分を変えて、
久し振りに普段読まない長編漫画を読でみようと思う。
[PR]
by hng-yoga | 2009-02-09 14:45