ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga
カテゴリ
全体
yoga
schedule
information
未分類
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年「東京セミナー」追加プログラム

一昨日は晴天の中、 春の勉強会 -2 が行なわれました。
普通の心理学とYOGAの視点からの心理学との違いを少し体験して頂けたと思います。

さて、先日ブログやメーリングリストでご案内致しました
6月の「東京セミナー」ですが予約が殺到し、既に定員に達しております。

そこでその翌週予定されておりました "穂高でのリトリート" を取りやめ、
6月26日(土)午前と6月27日(日) 終日、
「東京セミナー」追加プログラムに変更する事になりました。


<< 東京ヨーガ・セミナー >>

テーマ:ヨーガとグローバリゼーション
講師 : 相方ひろし
対象 : ヨーガ経験者     

● 6/19 (土) 10:00 - 12:30  
<ヨーガ哲学 vs. 仏教哲学:心のモデルの比較考察>

● 6/20 (日) 10:00 - 12:30  
<ヨーガ・スートラが分析する人生の不都合の原因>    

● 6/20 (日) 13:30 - 16:30  
<ハタ・ヨーガが示す人生の不都合の段階的解消>

*既に定員に達しておりますので、これからの予約はキャンセル待ちとなります。
 (3回連続で参加出来る方が対象です。)


<< 東京ヨーガ・セミナー >> 追加プログラム
  
テーマ: ヨーガをめぐる思想
講師 : 相方ひろし
対象 : ヨーガ初心者・一般    

● 6/26 (土) 10:00 - 12:30  
<ヨーガの定義の多様性>

● 6/27 (日) 10:00 - 12:30  
<インドと日本:わたしたちが知っていることと知らないこと>    

● 6/27 (日) 13:30 - 16:30  
<日本におけるヨーガの方向性:伝統的ヨーガ>

* シリーズで参加出来る方を優先させて頂きますが、単独の参加も可能です。
  

参加費: ドネーション

会場 : ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所(HONGO YOGA INSTITUTE内) 
     東京都目黒区祐天寺2-6-14(東横線祐天寺駅下車徒歩3分)

お問い合わせ・申し込み先 → hng@hng-yoga.com 
     お名前・ご住所・緊急の連絡先・ヨーガ歴を明記の上
     メールにてお申し込み下さい。
     予約後は、なるべく変更のないようにお願い致します。
[PR]
by hng-yoga | 2010-05-11 00:14 | information

2010年 東京セミナー&リトリート 

昨年に続き、今年も東京セミナーを企画致しました。
又、今年は始めて穂高養生園でのリトリートも追加プログラムとして開催致します。

都会の喧噪を離れて、しばし内観観察に終始した週末を過してみる。
今の時代だからこそ効果的な週末の過ごし方だと思います。

今回は両企画ともなかなかテーマが決まりませんでした。
いつも卵が先か鶏が先か で迷うのです。
結局の所、集まった顔ぶれ・キャリアによって、内容は決まる!
といっても過言では無いからです。
しかし決めないと始まらないので以下の通りとなります。

トラディショナルと云うよりも、コンテンポラリーな話題にリンクして、
<ヨーガとグローバリゼーション>をテーマに進めて頂きます。

人数に限りがありますので、土・日曜日両日参加出来る方を優先的に
予約を取らせて頂いています。
残り僅かとなって参りましたので、ご興味のある方は
メールにてお早めにお問い合わせ下さい → hng@hng-yoga.com


<< 東京ヨーガ・セミナー >>

テーマ:ヨーガとグローバリゼーション
講師 : 相方ひろし
対象 : ヨーガ経験者     


● 6/19 (土) 10:00 - 12:30
<ヨーガ哲学 vs. 仏教哲学:心のモデルの比較考察>
 
● 6/20 (日) 10:00 - 12:30
<ヨーガ・スートラが分析する人生の不都合の原因>    
  
● 6/20 (日) 13:30 - 16:30
<ハタ・ヨーガが示す人生の不都合の段階的解消>
 
(シリーズ通しての参加をお勧め致します)


参加費: ドネーション

会場  : ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所 
東京都目黒区祐天寺2-6-14(HONGO YOGA INSTITUTE内) 
      (東横線祐天寺駅下車徒歩3分)

お問い合わせ・申し込み先
→ hng@hng-yoga.com 



<< リトリート in 穂高・追加プログラム >>

テーマ:「春の勉強会」まとめ
講師 : 相方ひろし・ひで子
対象 : ロナウラ系伝統的ヨーガ経験者
定員 : 14名
期間 : 6月25日(金)ー27日(日)・28日(月)
会場 : 穂高養生園・森の家 (→ www.yojoen.com )
経費 : 2泊3日2万5千円 / 3泊4日3万6千円
     (講義・実習の受講料の部分はドネーション制)

 
昨年より始まりました
「ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所」での伝統的ヨーガの勉強会。
  
追加プログラムの合宿セミナーでは、今までの総復習を兼ね、
様々なタイムリーなトピックスに触れながら、より一層、
伝統的ヨーガへの考察を深めます。
   
又、「ロナウラ・ヨーガ研究所」から近刊された書籍の
重要性や今後の動向も再確認していきます。

金−日の2泊3日が基本プログラムです。
ご都合の付く方は延泊し、金−月の3泊4日の日程で
セミナーを延長するプランが可能です。
 
        
お問い合わせ・お申し込み 
→ hng@hng-yoga.com  (本郷)
→ hhaikata@gmail.com (H&H)
[PR]
by hng-yoga | 2010-05-07 00:08 | information

2010年 春の勉強会 進行中

昨年秋から始めた YOGA勉強会。
2010年4月25日より<春の勉強会>がスタートしました。

1回目はヨーガと生理学をテーマに、
ミトコンドリアが正常に活動することが重要なことなどに触れ、
チューブをモチーフに図解で分かりやすく解説されました。

次回は5月9日日曜日午後、ヨーガと心理学です。
レクチャーは未だ参加可能ですので、ご興味のある方はどうぞお出掛け下さい。
 → hng@hng-yoga.com (事前予約要)


そもそも勉強会を企画したのは、どうも東京に戻ると日常の雑務に追われ、
折角学んだ事が活かせる生活がなかなか確保出来ない現状があったからです。
同じような思いの方が集まり、同じ思いで時間を共有する事によって、
どうにか好転させたかったのだと思います。

そもそも<トラディショナル・ヨーガ>とはどんなもの?
自分が分かっていても、
人に説明迄出来る方は殆どいらっしゃらないのでは無いでしょうか。
     
「ヨーガ」はインドの伝統文化ですが、
狭義のインド文化の枠を超え、世界のあらゆる層の人々に、
普遍的にアピールし、応用される要素を多く孕んでいます。

曖昧な点を時間を掛けて熟成させていくとでも云いましょうか、
何度も反復させて身につけます。
  
からだが病気から自由であり、こころが悩みや葛藤から自由であり、
回りに束縛されず自分の行動が自由である、という状態は、
わたしたちみんなの願いです。

「ヨーガ」は、そのような、人間をやって行くことにまつわる
諸々の問題への対処手段として期待されるもののひとつです。
    
具体的には、「ヨーガ」を日常生活に組み入れることで、
急速な自然・社会環境の変動から来るストレスの影響を中和し、
からだとこころの健やかな統合状態を保つことがターゲットです。

理屈では分かりますが、そんな方見掛けた事ありません。
  
入り口は入りやすいのが「ヨーガ」ですが、
踏み込んでから先がたいへんになるのが「ヨーガ」の特徴です。

ふつう、わたしたちが「ヨーガ」として親しんでいる心身統合系の
ボディ・ワークや呼吸法は、インドの中世に成立したナータ派の
秘教的修行法であった 「ハタ・ヨーガ」から展開したものです。
 
日本でも、今後も健全なヨーガの活動が持続的に発展して
行くには、伝統的リソースに基づいた、ニュートラルで学術的な
ヨーガの知識の強化が必要とされるでしょう。


そしてここから一気に勉強モードに入らないと、理解出来なくなります。
この先が本流なのですが、辿り着かないのです普通にしていては。
   
「ヨーガ」のリソースの厚みを増やして行く方向性としては、
次のチャートがガイドラインになると思われます、
                   
「ヨーガ」の本質的・伝統的部分を構成している領域 
○「パタンジャリ(B.C.3-)」による理論的枠組み
○「ゴーラクシャナータ(A.D.10-)」による技法面の枠組み
○「クヴァラヤーナンダ(1883-1966)」による近代化の枠組み
  及び、その後の学術的研究資料
  
「ヨーガ」の理解を深めてくれる関連サイエンスの領域   
○人体の構造と機能(解剖生理学の基礎知識)
○脳科学の知見
○心理学の常識
○スポーツ・健康科学の成果
○各種のボディーワークへの認識
    
「ヨーガ」のインド哲学・インド文化的背景を構成している領域 
○インド哲学一般
○インドの宗教思想(ヒンドゥー教・ジャイナ教・仏教)
○比較思想・比較文化

常識的・客観的な枠組みで「ヨーガ」への自信が深まれば、
一時的な流行やブームに左右されることなく、持続的で生産的な
「ヨーガ」の活動が定着して行くことが期待されます。

この方向で、
「ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所」の活動は進めています。
   


<春の勉強会> 今後のスケジュール
 
● 春の勉強会1 4/25 (日) 13:30 - 16:00 <ヨーガと生理学> 終了
● 春の勉強会2 5/09 (〃) 13:30 - 16:00 <ヨーガと心理学> 
● 春の勉強会3 5/23 (〃) 13:30 - 16:00 <ヨーガと比較文化>
● 春の勉強会4 6/06 (〃) 13:30 - 16:00 <ヨーガと脳科学/
YogaとCreativity Part2>


講師は、昨年秋の「秋の勉強会・シリーズ」に続き、
2008−9年に「カイヴァリヤダーマ研究所」付属カレッジに留学し、
「ヨーガ教育ディプロマ・コース(D.Y.Ed.)」を修了した
「前川公平・明穂」です。

プログラムは、
13:30 - 14:30 をASANAをメインとした実技、休憩を挟んで
15:00 - 16:00 がレクチャーとなります。
 
お問い合わせ・参加お申し込み → hng@hng-yoga.com 
ご興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。
[PR]
by hng-yoga | 2010-05-06 23:26 | information