ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga


<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011 YOGA Conference に向けて  vol.3

年が明けたので2年前になりますが、The Lonavla Yoga Institute (India)の新事務所を訪問。古典文献は未だ未だ写真のような状態で手つかずで沢山残っています。インド各地に残っている以下のような文献を集め、読み比べながら解読しています。昔は印刷では無く手書きででしたので、間違えのないように確認作業をしながら訳されています。気の遠くなるような作業です。来年もconferenceの際、又新刊が出版される予定です。
d0143008_18382361.jpg


滞在先のお食事はもちろんベジタリアン。外国人の方で口合わない方もたまにいらっしゃるようですが、私にはとても美味しく、1週間の滞在ですっかり体調が整いました。 写真に写っているのはナンではありません、チャパティーです。普段はナンではなく、チャパティーを食べます。インド人のお母さんは毎日食事の際に家族のチャパティーを焼くのが日課です。          次回からはconferenceのレポートになります。

d0143008_1983763.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-30 19:21 | yoga

2011 YOGA Conference に向けて  vol.2

初めて羽田国際空港からバンコク経由でムンバイに向かったのですが、これがとても便利。深夜0:30羽田発の便でしたので、ほぼ1日フルに仕事が出来、寝ながらバンコクへ。 バンコク空港では一番にタイマッサージの1時間コースにお世話になり、すっかりリフレッシュして、いざムンバイへ。

ムンバイ空港も3年前とはすっかり姿を変え、ビックリするほどきれいになっていました。第2駐車場は現在も建設中でしたが、取り立てて問題も無く機能していました。

最初に向かったのは Lonavlaの Kaivalyadhama Yoga Institute(以下Kdham). こちらは一見昔と変わらず穏やかできれいなキャンパスが広がっていましたが、施設の改装は更に進み、衛生的にもとても快適に改善されていました。 インドのアッパーミドルクラスに対応するには、施設の改装は不可欠だそうです。

さて、Kdhamの最近のシステムは、1週間ごとのHealthcareプログラムが組まれています。 到着後直ぐに問診とヘルス・チェック。 その後 Yogic Therapy,Ayurveda, Naturopathy等、タイムテーブルに合わせて選択し、オリジナルの予定を作ります。

翌朝先ずクティにいらっしゃるスワミジに挨拶に伺うと、丁度始まったばかりのKriya Yoga Campに参加するように勧められました。 毎年12〜1月の間の1週間にDiploma Course の生徒を対象にこのCampを行うそうです。 今年は私が渡印するスケジュールに合わせてくださったと、後からスワミジから伺いました。

この時期は植物が放つ色彩がとても美しく、格別でした。  つづく
d0143008_013993.jpg
d0143008_02178.jpg
d0143008_022030.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-25 00:12

2011 YOGA Conference に向けて  vol.1

3年ぶりのインド。いつものように急に決断したので、手続きは綱渡り。
確か前回は即日Visaが給付されたと安心していたら、
この3年の間にテロ事件などがあった為、
Visaの申請方法がすっかり変わっていました。

まずインド大使館ではビザの申請は行わない。
その代わりに、丸ノ内線茗荷谷にある
India Visa Application Center に午前中に申請し(午後だと翌日の扱いとなる)、
交付は翌日以降の17:30~18:00の間。

この30分という限られた時間内でしか交付されないところが、なんともインド的。
夕方の忙しい時間帯、うっかり時間を過ぎないように、緊張気味で駆けつけたのでした。

飛行機は羽田発の夜便にしたので、ぎりぎりでOK.
国際空港のわりに小さいとの声がありますが、
このくらいの方が無駄に歩かなくて済むので私的には充分。

最近はエコノミー・クラスが満席でビジネス・クラスに空席があると
アップグレードのできないチケットでも、
数万円でビジネス・クラスに変更してくれるそうです。
バンコク経由便だったので、そんなお誘いも受けました。

10年前は頻繁に利用している人には
フリー・チャージでアップ・グレードしてくれましたが、時代ですね〜。       つづく
d0143008_2144334.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-14 02:22

2011年 迎春

あけましておめでとうございます。
お天気にも恵まれて、穏やかなお正月となりました。
今年も健やかで、充実した日々となられますように…

久し振りに正月番組を観ていたら、ハーバード大学・サンデル教授の
政治・哲学授業のアンコール放送が2夜連続でありました。
例題が具体的で分かりやすく、非常にスマート。
軽快で相手を否定しないプレゼンテーション力に圧倒されます。
本当に賢い方は、誰にでも分かるように講義されるのですね。

インプットとアウトプット。
自分が分かる事と人に分かるように話す能力は異なりますが、
今年は相手にも分かるように表現出来るように注力しようと思います。
YOGA勉強会を通してそう思うようになりました。


2011年もM.L.Garote博士の命日である1月17日にインド・ロナウラに於いて、
ロナウラ・ヨーガ研究所(LYI)主催による 
<< M.L.Garote 博士記念conference >> が開催されます。
今回も後援はインド政府厚生省AYUSH局の
「CCRYN(ヨーガと自然療法・中央研究審議会)」とプネー大学です。

毎回新書が出版されますが、今回は[Amanaskayoga] がリリースされます。
マンマット・ガロテ博士曰く:
In this book it is very beautifully explained that
how to reach the beyond mind state.
Almost 26 Manuscripts we have considered for this publication
and thus this is very unique publication.

いつもタイミングが合わず、ご招待頂いても伺えなかったのですが、
今年はカンファレンスに渡印する事になりました。
又、詳細をブログでお知らせしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
d0143008_06557.jpg

[PR]
by hng-yoga | 2011-01-02 00:07 | yoga