ヨーガとインドとあれこれ
by hng-yoga
カテゴリ
全体
yoga
schedule
information
未分類
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012 .11.25. <YOGA 勉強会> のお知らせ

暫く間が空いてしまいましたが <YOGA勉強会>再開のお知らせです。
毎年 Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed卒業生 に、
その体験を基にレクチャーをお願いしています。
今年は3名の方が卒業されました。そのうち男性はお一人。
その貴重な男性の立場からのレクチャーを通して、今回は勉強したいと思います。


● 11/25 (日) 13:30 - 16:00 
<Kaivalyadhama D.Y.E.dコースおよび研修期間の体験報告>

 講師:林田遼平氏
1982年生まれ。 東京都出身。 高校卒業後、都内で音楽制作、ライブ活動を行う。
2009年 Charles Darwin University / Graduate Certificate in Yolngu Studies 修了
(オーストラリア、ノーザンテリトリー準州)
2010年 同大学にて北東アーネムランドに住むYolngu(ヨルング)と呼ばれる先住民族の言語や文化を学ぶ。
2011年Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed入学。
2012年Kaivalyadhama Yoga Institute D.Y.Ed卒業。卒後に同研究所にて二ヶ月間の研修を受ける。
帰国後は穂高養生園(長野県)にて、ボランティア・スタッフとしてキッチン業務やヨーガの指導に従事。
現在は地方に移住するための準備期間中。


その自然体で優しい人柄は、英語でのコミュニケーションも同様で、
留学時にも相手の和やかな表情を引き出していました。
新しい生き方を模索している若手のレクチャーは、新たな発見をもたらすと思います。
どうぞ、皆さんのご参加をお待ちしています。


● 会場:HONGO YOGA INSTITUTE
 東京都目黒区祐天寺2-6-14  東横線祐天寺駅下車徒歩3分 
 祐天寺商店街中程のソフトバンクのあるビルの2階

● 会費:ドネーション

● 問い合せ・申し込み先 
 ロナウラ・ヨーガ研究所 東京事務所 (HONGO YOGA INSTITUTE 内)
 氏名・住所・電話・ヨーガ歴を明記の上、メールにてお申し込み下さい 
 → mail : hng@hng-yoga.com
 参加には事前登録が必要です。お早めにお問い合わせ・お申し込み下さい。



「ヨーガ」のリソースの厚みを増やして行く方向性として、
次のチャートが私たちの活動のガイドラインを構成しています。
                   
「ヨーガ」の本質的・伝統的部分を構成している領域 
●「パタンジャリ(B.C.3-)」による理論的枠組み
●「ゴーラクシャナータ(A.D.10-)」による技法面の枠組み
●「クヴァラヤーナンダ(1883-1966)」による近代化の枠組み及び、
その後の学術的研究資料
  
「ヨーガ」の理解を深めてくれる関連サイエンスの領域   
● 人体の構造と機能(解剖生理学の基礎知識)
● 脳科学の知見
● 心理学の常識
● スポーツ・健康科学の成果
● 各種のボディーワークへの認識
    
「ヨーガ」のインド哲学・インド文化的背景を構成している領域 
● インド哲学一般
● インドの宗教思想(ヒンドゥー教・ジャイナ教・仏教)
● 比較思想・比較文化

常識的・客観的な枠組みで「ヨーガ」への自信が深まれば、
一時的な流行やブームに左右されることなく、
持続的で生産的な「ヨーガ」の活動が定着して行くことが期待されます。

この方向性で、「ロナウラ・ヨーガ研究所・東京事務所」の活動は進められています。
[PR]
by hng-yoga | 2012-10-22 14:28